あなたを成功に導いてくれる「メンター」

教育環境が悪い職場に将来性はない

教育環境が悪い職場に将来性はない

メンター制度をはじめとした教育環境が整っていない職場でもし働いているのなら、辞めたほうがいいかもしれません。昔は「見て覚えろ」「やる気があれば仕事は覚えられる」などという考えもありましたが、今の時代では通用しませんし、それではただ効率が悪いだけです。教育環境が整っていない職場にいるのは、自分にとってデメリットしかありません。

Pocket
LINEで送る

現場で覚えるスキルも確かにあるが

教育環境が整っている=すべてを研修で教えてくれる、というわけではありません。実際に経験しなければ身につかないスキルというのは多くの仕事にあります。しかし、だからといって指示を出したまま投げっぱなしで、いざ質問しようにも「忙しい」「教育係ではない」などと返されるようでは、身動きがとれなくなってしまいます。現場で働かせる方針があるのであれば、その分しっかりとフォローをしてくれる体制を作らなければなりません。そのような意識のない会社は、いきなり仕事を任せてその後はほったらかしにするようなケースが多いです。そのような新人をないがしろにする会社は、目の前の利益だけに固執して将来に対する投資ができない会社であると言えます。

質問しづらい雰囲気

常に忙しい雰囲気を出して質問しづらい先輩ばかりがいると新人にとっては辛い職場となります。勇気をもって質問をしてもないがしろにされてしまう可能性が高いですし、そのようなことが続けば当然辞めたくなります。そしてそのような雰囲気が原因で早期離職が多い職場というのは、せっかく入社した人材にかけた時間や人件費のことを考えられていない非効率的な思考を持っていると言えます。冷静に考えれば、せっかく時間と費用をかけて獲得した人材なのだから無駄にはしないはずです。そのため、このような職場は早々に離れたほうがいいでしょう。

先輩社員のスキル不足

普通は、後輩に対して指導することで先輩社員のスキルも向上していくという相乗効果があるはずです。しかし、先輩のスキルが足りないがためにうまく仕事を教えられなかったり、スキルが足りないことを後輩に知られたくないためにちゃんと教えてくれないというケースがあります。その場合、先輩社員もきちんとした教育を受けていないがために起きている可能性が高いです。

将来性のない職場にはさよならしよう

このようにきちんと若い人材に対して教育できる環境を整えていない会社には将来性はないと言えます。このような会社は、中心となって仕事を回している人が急遽動けなくなってしまった場合に対処ができません。若い人材を育てることで組織が強くなっていくということを理解できていないのです。そのような職場で働いているのであれば、いますぐ転職を考えましょう。

メニュー

「メンター」を見つけて成長しよう!