あなたを成功に導いてくれる「メンター」

そもそもメンターとは?

そもそもメンターとは?

最近、「メンター」という言葉を多く聞くようになってきましたが、そもそもこのメンターとはどういう存在なのか、皆さんはご存知でしょうか。仕事上におけるメンターとは人材育成の中で必要な存在であり、メンターを利用した人材育成制度をメンター制度と呼びます。

Pocket
LINEで送る

メンターの必要性

周囲の環境というのは一定ではなく常に変化していくものです。その中で活躍するためには、自発的に行動できる人材にならなければなりません。しかし、働き始めたばかりの頃などは勝手がわからず、どのように行動すべきかわからないシーンも多いでしょう。そこで、メンターの存在が必要になってきます。メンターとは職場における先輩社員のことで、後輩に対して日々の業務あるいは精神的な部分をサポートする人材のことを言います。ちなみに広義でのメンターには、「指導者」「教育者」「理解者」といった意味が含まれます。

由来を知る

メンターの由来は、古代ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」の中に出てくる人物である「メントール」からきています。このメントールは、王の教育や助言を与える賢者です。そしてこのメントールが英語でメンターと呼ばれるようになりました。加えて、仕事などの場においてより良い方向に導く支援者として指導や助言を行う人物という意味合いを持つようになったのです。
このように、メンターとは支援をする側の人物のことを指します。逆に、メンターから助言や指導を受ける人物は「メンティ」と呼ばれます。つまり職場でいうと、指導をする先輩社員がメンター、その指導を受ける後輩社員がメンティということになります。

メンターの立ち位置

では、メンターはどのような役割を持つ存在なのか、より具体的に見ていきましょう。なにか不明点があるとき、判断に迷うとき、相談したい悩み事があるとき、そのような場面に遭遇すると非常に不安な気持ちになります。特に新人の頃はそういった場面も多く、不安な気持ちを抱えたままだと本来の力を発揮できなくなってしまいます。そのようなときに、相談事に耳を傾けてくれたり、今までの経験やそれに基づく知識から解決策を導いてくれる存在がメンターです。至らない点や短所があった場合に指摘をして、克服するための指導や応援をしてくれます。
メンターの存在があることで一人だけで問題を抱えているのではないという安心感が生まれますし、そこで築いた信頼関係は代えがたいものとなります。職場だけではなく、プライベートな場におけるメンターというのも存在します。

メニュー

「メンター」を見つけて成長しよう!